フィリピン居残り ヘアサロンをつくるひと

移住7年 フィリピン人奥様とKidsは日本へ、、居残って日本のサロンシステムを伝える!

フィリピン文化

フィリピンのお魚【怖い話し!】

投稿日:2019-08-26 更新日:

お魚殿下の暴露

↑と、、まずは『Alabangセレブのお魚屋さん

のTwitter投稿からですが、、

お魚殿下❞ については⇒ こちら

 

シガテラ毒とは?

私も久っさびさに聞いた言葉で、ざっくり、、、

熱帯のプランクトンが微量ながら作ってしまう 毒素 を 食物連鎖によって 生物濃縮してしまい、、

そこそこ大きなお魚に溜まって、それを食べると いろいろと不調が出るってやつです!

一応、 生体濃縮 とは?

プランクトン レベルでは毒素 極小でも、それを大量に食べた小魚に蓄積 ×10

また、その小魚を大量に食べた中魚×100、、と 排泄されにくい モノ が溜まっていく、、ってやつ

 

古くは 水俣病、ここ最近でも

「金目鯛を妊婦さんが食べないように!?」

とか、自然毒だけでなく 水銀などの重金属有害物質は よく聞くところでしょうか?

ごにょごにょっと、、、

巨大魚、特にマ〇ロは金目どころの生物濃縮じゃないとか、東側の海底にいる様なお魚(ヒ〇メ、ア〇ゴとか、、)は 放〇性物質が、、とか、ふ〇養殖ではホル〇リンぶっかける、、とか、あれとか、これとか、、 いろいろありますが、、、経済効果の大きい情報は、出てきませんよね、、

まぁ、、『信じるか 信じないかは あなた次第!』

 

こう言った 毒物 は水に溶けにくく、分解もしにくく、排外排泄されにくく、、

脂肪に溜まりやすい、、と言われます

この汚染されたものを多く摂ってしまうと、神経系、内分泌系をはじめとして、いろいろ不調が出てくるってやつですね

(内分泌 って事は 生殖器も!? 男は50歳から!! まだまだ、、

「やられはせんぞ~っ!」)

通常の調理の 熱 では毒素を分解することはまず出来ず、お魚の味はそのまま(煮汁にも溶け出したり)毒物 は知らず知らず体内に入り、本人にとどまらず 母乳経由で乳幼児に移行するなんて話もあります

フィリピンの場合 自然毒 だけでなく、環境基準だけは、日本並みにあるようですが、、

守られない? そもそもチェック出来ない??

家庭からはもちろん、飲食店の排水、重金属を扱う工業廃水ですら たれ流しと聞きます

 って、、 Hair Salonしかり、、<m(__)m>

 

フィリピンの 不法漁 とは?

で、、今回聞いてしまったのは 『不法漁』で使う 劇毒 の話し(-_-;)

フィリピンでの不法漁は ダイナマイト漁 が有名(?)ですが

プチうんちく!《ダイナマイト漁とは?》

水中で ダイナマイトをドッカ~ン、、 その衝撃波で お魚が死んだり、脳震とう起こしたりで、浮かんでくるやつを回収する漁

『釣キチ三平』で出てくる 石打漁(いしうちりょう)の過激版ですね (~_~;)

もちろんフィリピンでも禁止されているので、マネをしないでね!

 

水族館の観賞魚、、例えば ニモ!

   ↓      ↓

、、を捕獲するとき、傷をつけない様

シアン化ナトリウム( →青酸ソーダ/青酸カリの子分的な劇毒 )を、穴のあいたペットボトルに入れて サンゴ礁に設置、、

しばらくすると、中毒を起こした ニモ が浮いてくるので、傷をつけない様に捕獲

ただ、この時点で半数は死んでしまうそうです 😥 

水族館や販売業者に売り渡す前には 10日間くらい保管して、、

(これは、売ってすぐに死んでしまったら クレーム になるから、、)

ここでも多くが死んでしまい、、 

最終的に生き残るは 10% にも満たないそうなんです😢

その残った10%も、あまり長生きはしないでしょう、、

 

もちろん、すべての ニモなどの観賞魚ではありませんが

例えば 水族館などで きれいなお魚が 10匹泳いでいたら、、

   

少なくとも90匹の犠牲の上で、私たちは

楽しませてもらっている!?

  と思いましょう

 

、、なんて、言いすぎですね、、

(お子様には この話はやめときましょう💦)

イヤな話しになってしまいましたが、、 次は もっとイヤな話しです (;^ω^)

 

猛毒を使う漁

日本にくらべて フィリピンは 青酸ソーダ が安く手に入りやすいのか?

コレを使った、私たちの Philippines Life に直結しかねない《不法漁》のお話しです

 

ほんの一部ですが、、漁師のこまったちゃんたちは

イワシなどの小魚に 青酸ソーダ を詰めて、海にばらまき

潮の流れの先で タバコでも吸いながら待つと、、

Lapu-Lapu(ラプラプ)

Bisugo(アマダイ)

Gindara(フィリピンでもギンダラで通じるところも)

など、中毒死をした 高価で大型のお魚が浮いてくる、、

それを回収

 

大型魚も即効性の毒にはひとたまりもありません!

この魚を人間が食べたらどうなる!!

私たちが食べる身の部分に 致死量の毒が回ることはないと思いますが、、


長い目でみたら 影響は出るのかな? 

このお魚の内臓にはかなりの毒が残っているわけです!

悪 漁師さんたちは、そのお魚を売り、仲買さんがさばき、身の部分を売り、、

内臓は捨てずに、自分たちで郷土料理なんかにして 食べることもあり、、

お魚殿下 の身近でも、何人も中毒死をした人を見て来たそうです

(死因が 心筋梗塞 とかで かたつけられることが多いみたい、、)

 

で、、殿下の最初の Twitter投稿 に戻りますが

この シガラテ毒 が 自然毒 なのか 青酸 なのか、重金属によるものなのか?はわかりませんが

(本人は「自然毒じゃね? ハハっ」と軽く言ってましたが、、)

殿下自身 かなり長いこと体調不良が続いた様で、やはり 内臓 を食べたから、、と言われてました

また 今は『マイクロプラスチック』問題など、世界中で いろいろと出てきてますよね!

今回は フィリピンのお魚としての お話しでしたが、、

   

日本の魚も内臓はダメじゃないっすか?

   
お魚殿下

やめとき!(泥酔でもきっぱり!!)

今では シガラテ毒の後遺症も、ほとんどない! 

と 言われてますが

最近、よく おじゃまをして ビール をご一緒させて頂くと

(いつも何時間も長々と、、あと方つけもせず、、ありあがとうございます (^^ゞ)

翌朝、痛風で大変なご様子

(あっ、、コレは 別の原因かな?)

 

安い魚介類も気を付けて!

あと、別の話も、、

リーズナブルな《食べ放題》でありがちだそうですが、特に エビ と イカ、、、

かなりの確率で 薬漬け になっていて、魚介類に長けている方は 風味 でピンとくる様です

 ↑そう言われると、、、 😯 

食べないほうが! とは言いませんが、食べ放 だからと言って、たくさん食べない方が良さそう、、

ローカルの、、「エビ、安っ!」のところは、、大丈夫かな??

また 詳しく聞くことができましたら リライトしますね

 

ともあれ フィリピンのお魚のウラを知り尽くした 殿下 のところで、安心してお魚を購入されて、、

 ↑この時は お魚、エビなど 7㎏購入で、ハズレなし!!

もし差し入れをされる時は、、ビールはやめてください(笑)

(焼酎は大歓迎の様子(^^♪)

 

まだまだ、ビコールとも 漁師さんたちの、、

日本人には まったく 理解不能 なスゴい話が山盛りですが、、、

(死者数が、ハンパない、、そして 娘たちの悲しいストーリー 😥 

何でもアリの金持ちと、生きていくために何でもする貧困層の

かなりタブーな話し山盛り、、、(-_-;))

さすがに 平和的で オヤジギャグ がチラホラな 私のブログでは紹介出来ないので

興味がある方は、焼酎(と 時間に余裕)をもって

Alabangセレブのお魚屋さん』へ行ってみてください!

   ↓      ↓

fb→ https://www.facebook.com/anafishdealer

 

※フィリピンのお魚の一部の問題でしょうが、自身や家族を守るため、お伝えさせて頂きました 

また、酔った勢いで、、ポロっと出た お話しを聞けましたら 第三弾で!

   
名前

毎回すみませんが、、

ぽちっと が、なかなかされず、、

息子に『ブログにランキング』が負けっぱなしだったら、、、

ひねくれて もう第三弾 書きません、、、

  なんちって 、、(^^ゞ

     メニューに戻る

      ↓ぽちっとな m(__)m

 にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ 

-フィリピン文化
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピンの歴史【episode 9】ジョセフ.エストラーダ、グロリア.アロヨ、ベニグノ.アキノ3世 大統領時代

今回はいよいよ『ざっくりと知ろう!フィリピンの歴史』シリーズの  最終回 ジョセフ.エストラーダグロリア. アロヨベニグノ.アキノ3世   ↓今回の動画です! 一気に三人の大統領時代を駆け足でご紹介し …

【健全】SPA(マッサージ)に行こう!

今回は Spa ( 全身マッサージ ) のお話し なぜ『 健全 』かというと、、 『 不健全 』があるから (笑) ( そのうち 行って、、体験談書くかも、、   って、そんなの もしバレたら、、あの …

フィリピンの歴史【episode 8】アキノ大統領、ラモス大統領時代

マニラ ロックダウンを機に、、有り余った時間を何かしようと始めた (望まぬ)夏休み 自由研究企画 『ざっくり学ぼう!フィリピンの歴史』シリーズも、そろそろクライマックス! 今回の動画 ↓です! 目次1 …

フィリピンの歴史【episode 2】アメリカの植民地へ! &ボニファシオの生涯

 ☝️動画はこちらから 、、ですが ※地名/ ⭕️ヌエバ エシハ ❌ヌエバ エハシ  途中、肝心の ⭕️カティプナン ❌カプティナン  の言い誤りがありました😭ので、、  誤り、、じゃなかった、謝りま …

フィリピンの歴史【episode 5】終戦からマルコス政権まで 大統領はどんな人だった?

今回のフィリピンの歴史【episode 5】は、、フィリピンの歴代大統領のお話しで戦後から、マルコス政権まで! 動画です👇 目次1 フィリピンの歴代大統領2 第4代《セルヒオ・オスメニャ》3 《第6代 …