フィリピン移住で居残りの、、ヘアサロンをつくるひと

🇵🇭移住8年 フィリピン人奥様とKidsは日本へ🥲私は居残り、日本のサロンシステムを伝える!

Manilaの情報 フィリピン文化

マニラ界隈での4度目の引越しでの バタバタ劇とその総費用は?

投稿日:2022-08-08 更新日:

前回からのつづきと言えば つづきです。

ここんとこ、長々とした文が多いけど、、

今回も ちょっと長いです😄

 

YouTube 動画内では「えぇ〜、、マジで!?😩」話しは、ほとんど語られてませんが

こちらもよろしければどうぞ

  👇

Alabang → Makati への引越し動画

 

 

 

フィリピン🇵🇭移住 8年にして

今回の 4回目の引越しを機に、やっと《マカティ市民》となりました!

 

いやはや、職場(サロン) までささっと歩きで行けるのが、超絶 最高〜ですね〜!

そんなわけで、初めてのおつかい、、ならぬ

フィリピン人奥様の 力を借りずして

自分だけでの お引越しでの 物件探しから、かかった費用や

『マジでか!?フィリピン!』的な話しなんかを つづっていきます。

なんて、、自分だけの力で 引越しを終えたのではありませんが😙

 

まずは物件探しから!

ダメもとで、スタッフに

「いいところ見つけてくれたら、成功報酬で手当はずむよ!」と

言ってみたものの、、見事なくらい 手ごたえなし。

(唯一「Yassan!レントP5,000/月であるよ!」の話しは、、聞くまでもなく却下)

そしてfbで、、ではなく

まーまー有名なサイトで目ぼしをつけてみる。

  👇Rentpad

https://rentpad.com.ph/

 

広さは お一人様だし

「スタジオタイプ(ワンルーム) でいいかなぁー?」

なんて思いながらみてみると

やはり、コロリン騒ぎで 外人(特に中国人?) が激減したせいもあり

思ったより、物件が多くて お安い!

 

なんなら、そこそこキレイなコンドミでもP10,000 を下回るところもあったり!

(ただ、、狭いですね)

 

まぁ、私が勝手には決められないので、、一応 奥様に報告すると

「はっ?💢 そんな狭いところ!」と、案の定お怒りに。

「私や家族がフィリピン行った時に泊まれないじゃん!」、、って

(イヤ、それは 年間 何日の話しだよ😑) とは言えず

「その時はホテルに泊まりましょ」って話しをにごす。

 

まぁ、確かに、、未だ奥様を中心に、子供達の荷物や、会社の書類なんかも けっこうあるので

ほとんどミニマリストと言っていいくらいの私荷物はともかく

(まぁ、、色々買わないケチな私🤔)

ムダに他の荷物は多いので、改めて考えると30Sqm以下では、、狭い。

 

奥様は「2ベッドルームを!」と言い張るも

これはさすがに やんわりとスルー。

何でか、私は自分の住まいに人呼ぶのは 昔から好きじゃないし

もし女の子なんか呼んじゃった日にゃ、、

バレっちゃったりしたら、、

コンドミじゃなくて、病院のベッドルームのお世話になりかねない😰

 

ともあれ、またサイトで探してみる。

ちなみに、フィリピンでは、、と言うより

日本以外では って言っていいのか?

レントルームは

1、家具全くなし

2、ベッドとかがちょっとあり

3、冷蔵庫から何から全部揃ってる!

の3タイプ。

 

そして契約期間も、数ヶ月から2(またはそれ以上)と選べるところがほとんど。

本来の お一人様のミニマリストなら、タイプ3を選んで 短期契約すれば

気軽に色んなところで住めるってやつ。

 

私のメインのお仕事は、固定の場所なので、今後 遠くに住む予定はないけど

NetPCがあったら、お仕事どこでも出来てしまう方は

ホント気軽に引越し出来て羨ましい〜!と思う。

 

で、私は家族が残した家具、家電はコンプリートなので、タイプ1 のお部屋一択。

あれこれ条件を入れると、部屋が絞られてくる。

 

やはりスタジオタイプワンベッドルームとなると、お値段は1.5倍〜 になりますね。

たまに(おっ!安くて広い!!ってところに目が止まるも

フィリピンでは老舗的に有名どころの“City Land” のビルだと、、

ここは何度かミーティングなんかで訪れたけど

(ごめんなさい🙏🏻)どこも古くて 造りが (う〜ん、、) って感じで

何よりエレベーターがやたらと遅く、乗るまでに15分くらい待ったこともあり、、

(住みたい!) と思ったことはなかったですね。

 

そして普段、食品以外では、たいしてこだわりがない私が

どーしてもこだわってしまったのが

《ベランダ付きのお部屋》

もちろんコンドミディアムにもよりけりですが、Makatiのコンドミはベランダ付きの部屋が、改めて超〜少ないなぁーって。

 

「おっ!ここ、立地もお値段もいい!!」と思っても

「ありゃ、ベランダがないのかぁー」ってことが多々。

それでも、目ぼしい物件をいくつかブックマーク。

 

時は同じころ (また私の知らないうちに) 奥様が

今まで住んでた Alabangのコンドミのアドミン(管理オフィス)

仲良かったAte(マネージャーのお姉さん) とメッセージをやり取りしてた様で、、

daddy!内見出来るところあるから行って来て」って 連絡が来る。

 

(え〜、、Ateの紹介だと 何かやらかしたら、、筒抜けだなぁ〜)

思いながらも 場所のリンクを開くと

私も目ぼし付けてたところの一つ。

 

まぁAteとは面識もあるし

(以前、奥様がサロンに勝手に連れて来て、、

無料でカット✂︎やらカラーやらさせられたことがあり、一応 もあるよな😈)

じゃ、話しが通っているのなら

Ate 今空いてる部屋 全部見せて!🤨」と、チョイとわがまま言ってみる。

やはり今は部屋を借りる人も戻りつつある様だけど

まだまだ けっこうな部屋が空いてる様で、当然

Sir、、全部はムリ!」で

オススメ物件の内見をお願いする。

 

やはりスタジオタイプは、写真で見るより狭い

(27 Sqmくらい? 家族の荷物と家具置いたら、、マジ寝るだけの部屋に)

 

ワンベッドルーム(3540Sqmくらい)なら充分余裕がありそう!

そして コロリン後、2年以上空いてるが部屋が多い様で

どの部屋も家賃交渉もイケるとか👍

 

ただ、ベランダ付きの空き部屋は一つのみ。

それも 私が苦手な高層階😣

(単にプチ高所恐怖症なのと、最近多くなった地震が来たら、、

エレベーターが止まったら、、と考えてしまう)

とりあえず候補の部屋を3つに絞る。

 

それぞれ部屋のオーナーは違うが、間に入る担当は Ateの部下っぽい。

そしてそれぞれに 家賃交渉をお願いしてみる。

 

 家賃交渉《奥義》!

通常、家賃はチェック(小切手)を毎月分、期日を入れて部屋主に渡すのが多い様だけど

(奥様も以前はそうでした)

資金に余裕があれば、、ですが

1年分を 一括払いで、1015%くらい家賃を下げられる成功例を聞いてたので

今回は2年契約の予定だったので (この間の値上げはなし)

2年分の家賃を一括払いで、1520%くらい 下げられるか?

これを聞いてもらう。

 

数日後、、ベランダのない部屋のオーナーからはそれぞれ

1年一括でも、2年一括でも 10%なら下げられる」の回答。

(まぁ、そんなもんかぁー)

 

ベランダ付きの高層階のオーナーからは、、

「もう下げているからこれ以上はムリ」との回答。

 

ここは、Alabangで住んでたコンドミの部屋の、4倍の高さの高層階。

(家賃も高いんだろなー) と、思ってたら

同じ大きさの 1ベッドルーム(40Sqmほど)

ここMakatiの、かーなーり便利な立地でも同じお値段!

確かに以前よりは下げていた様だ。

 

ちなみに、今まで住んでたAlabangのコンドミは築7年ほどで

ここは9年とか言ってたかな?

この2年は、ここフィリピンでは大きい!

建物の劣化が早いので、けっこう古く感じる。

以前住んでたのが外人で、、(話しから察するにC国の人) 

ドア、壁、床が、、どうやったらこうなるんだ?ってくらい損傷箇所も😅

言うまでもなくなく「ちゃんと直すから、、」と説明を受ける。

 

それぞれの部屋の動画を奥様には送信済み。

家賃交渉の結果も伝え、、

結局は鶴の一声で、高いところ恐いけど、思ったよりは高くなかった

ベランダ付きの高層階に決定!

 

引越し業者

部屋が決まった!

とにかく早く引越ししたい!!

Ateに「引越し業者のツテはないの?」と聞くも

LALAMOVE(ララムーブ) かな?」の回答。

ここは Ate、役に立たず、、

(LALAMOVEって 佐川急便的なデリバリーじゃね?) と思いながらも

困った時(面倒な時) サロンの秘書、、いや、レセプション嬢のKarrenちゃんに

LALAMOVEの予約して!

アシスタントを一人追加で!」と

結局 人頼み😝

なんと10分くらいで 意外やあっさり、次のお休みに予約完了。

(さすがフィリピン人同士、話しが早い!)

 

2トントラック🚚と運転手とアシスタントで

P4500 (この時のレートで¥11000くらい)

そして前日に、しっかりと 予定確認のTEXTが来て安心、、するも、、

(この後 がっくり😩)

 

当日は Alabangでの荷物積込みが9時スタートで

引越し先のMakatiのコンドミには もう一人

サロンでの我がアシスタント

《気は優しくて力持ち》のJess君をスタンバイ。

 

→ 12時頃 Makatiのコンドミ着

部屋への荷物運び込みが午後3時には終了。

部屋のアレンジは後日自分で適当に、、

 

その後、Jess君とマカティスクエアの『満丸』さんで飲み🍻ながらランチ(4時までランチタイムで、ご飯🍚お替わり自由)

 

そんな予定だったのだが、、

そこはフィリピン🇵🇭

そんな余裕を持ったスケジュールも

初っ端から崩れさる。

 

引越し当日

当日の朝 7時過ぎ

一応、再確認で LALAMOVEのドライバーに

「もう出発してますか? 9時に間に合いますか?」のTEXT送信。

 

8時過ぎになって、、、

ドライバー「今日は行けなくなった、、他のトラックを再予約してください」の返信

(しかもタガログ語、、Google翻訳で解読)

(はっ💢! おいおい、、)である。

私「ちゃんと仕事しろ! 

あなたが直ぐに手配しろ!!」的に返信するも(これもGoogleで翻訳して送信)

ド「前の仕事が終わらないから仕方ないじゃん」的な返答😩

私「LALAMOVEのカスタマーセンターにお前の名前出してクレーム入れるからな💢!」的に返信

(これは英語で)

ド「ちょっと待って、、すぐに違うトラック手配するから、、」

 ここからコンドミのガードさんに訳してもらう

 

(で、そのまま ガードさんにチップP100渡して、、)

「なる早で来させて!」とTEXTのやり取りを続けてもらう。

しばらくすると 知らないTel Noから電話。

(タガログ語、、英語通じず😅 またガードさんに代わって通訳してもらう)

ガードさん「Sir、違うトラックが11時に来れるって」

(2時間のロス、、この時点で満丸さんのランチタイムはムリに)

 

まぁ、でも引越しは出来る!

なんと!違うトラック、11時の10分前に到着〜😲

早速「予定が押してるから急いでお願いね!」と伝えるも、、

やっぱり 英語通じず💦

またガードさんに来てもらい通訳をお願い🙏🏼(add チップP100)

 

色々と想定外

そして第2の予想外が、、

ずっと住んでたコンドミの部屋は2階ながらも

駐車場エリアがあるので、実質は6階の高さ。

 

なんと、大荷物を運ぶ時は エレベーターは駐車場の階までしかダメ。

コンドミのエントランスは使っちゃダメ。

そして そして、、

その駐車場階まで、2トントラックは、高さ制限で入れない、、

で、駐車場階から地上の駐車場まで(2F)は「非常階段を使ってね!」の謎ルール。

なので、狭い階段を少しづつの荷物を 人力でしか運び出せない。

しかもけっこう重い荷物もあり

(ムダにデカい冷蔵庫や洗濯機とか)

 

私はあらかじめ「肩が壊れているから重いもの持てないっす」と

モテないピッチャーみたいなこと言っておいたので

軽い小さな物だけエレベーターでエントランス ロビーを通って楽に持って行くも

運送屋さんたち、、超〜〜大変💦

 

そして、見かねたガードさんが2 手伝いに入ってくれる。

参考までに、、クリスマスなど 年3回くらいビール🍺、ドーナツ🍩とか差し入れしてたので(奥様の命令でだけど😅)

《良い外人》で通っていた私👍

あと、何かしてもらったら 必ずチップを渡していたので、これも効いてた🤑

 これが👆フィリピンでの所生術🤨、、かな?

 

これにより()ガードさんたち、何も言わなくても お手伝いしてくれました🙏🏻

それでも なんと荷物の運び出しだけでも、、2時間もかかる。

(この時午後1)

 

やっと 全ての荷物をトラックに乗せて

さぁ、やっと出発だ!と思いきや、、

私が住んでいたAyala Alabangでの私有地に

「大型トラックが入って作業するには駐車料金がかかるから、支払いのレシート出して!」

と、「えっ!今ごろ!?」言われる。

 

アドミン オフィスに駆け込み

私「ここで払えばいいの?😤」とちょっとイラっと詰め寄ると

アドミンの事務のおばちゃん、、「あっち👉」って

徒歩5分のところ😫

アドミンのAteに「手続きあったらやっておいてね!」と言ってたのに〜

プンプン🌬言いながら支払いに向かう。

P300の支払い。

さぁ、、こんどこそコンドを出発!

ちゃっかりトラックのフロント席に乗っけてもらい

(濃い奴が三人並んで エアコンなし🥵)

私「Skywayの入口はこっち👉」と誘導するも、、まさかの

RFID(ETCカード)ないからservice road(下道)で行くね」って、、😫

 

(もういいや😫ちょっと寝よっ) と思うも

運送アシスタントのKuya(兄いちゃん)が、外人が珍しかったのか?

タガログでずっ〜と話しかけてくる。

(マジかんべんしてくれ〜🙏🏼)と思いながらも、なんとなく分かったのは

Kyua「もう使わない靴ないかなー? その他いらない物ない??」、、、

よくよく見たら、裸足で 履き物履いてなかった😂

私「ごめん、、使わないの全部ガードさんにあげちゃった」

日本語で答えると、なんか通じたっぽい😅

 

なんだかんだで、平日の日中、渋滞がなかったのと

(大丈夫?このボロトラック??)

と心配するくらい飛ばしてくれたので

Makatiのコンドミに 1時間かからずに 午後2時到着。

 

コンドミのロビーにはJess君いた!

私「いやぁー遅くなった、、Jess何時に来た?」に

J君「11時」、、

「おいおい!11時じゃなくて 1時過ぎるからってTEXTしたやん!!」

クソ真面目なJess😇

 

さぁ、いよいよ新居へと 荷物の運び込みだ! と思うも、、

運送屋さんたち「ランチ食べる」って、、

そうだよね

フィリピン人にとってランチ2時間も遅れるって、、しかも重労働で、、🙏🏼

私は普段 昼飯を食べないのと

時間 押せ押せで、早く終わらせたい! でテンパっていたので

気が回ってなかったですね🙏🏼🙏🏼

 

なんだかんだで3時近くなり、やっと荷物の搬入スタートも、、

 

またかよぉ〜😩の問題再び

《ロビーからは大荷物の運搬不可》

2Fの駐車場からの運搬で、、

ここでも2tの大きなトラックは、高さ制限で2Fどころか1Fの駐車場にも入れず。

さらに、大荷物を運ぶ滑車は、ここのコンドミには小さいのが1個だけ。

(あぁ、、また時間と労力がかかるぅ〜😵)

普段から汗かきのJess

正に滝の様な汗💦かきながら、重い荷物を次々と運んでくれる。

(1時間くらいの手伝いだからP1,000🍻かな、、) なんて思ってたが

荷物の搬入も予想以上に大変。

(倍、、出してあげよう) と思いながらも

もちろん運送屋さんたちにも代金とは別にP1000x2人分 のチップも用意。

 

結局、搬入が終わったのが すでに日が暮れる 午後6時くらい。

多少の部屋の中でのアレンジは同時進行しながらも、、

寝床確保しながらも、ごっちゃごちゃごちゃ状態。

 

運送屋さんたちに代金を渡し(現金払いで、証明の写真を撮られ)

二人とも「All  day😓」とつぶやきながら帰って行く。

 

優しいJess君「部屋のアレンジ手伝いますか?」に

「疲れたから すぐ飲み🍻に行こっ!」で、満丸さんに向かう。

(私は 重いもの、、運んでないけどね🤥)

 

さて、今回の総費用

*LALAMOVE(運送屋さん)

2tトラック+ドライバー+アシスタント

P4,370+チップP2,000

*Alabangのコンドミのガードさんたちにへのチップ

合計P900+駐車代P300

*アシスタントのJess

P2,000+飲み🍻食いP2,500

あっ!あと Alabangのコンドミのガードさん、アドミンの女子たちに

「今までありがとう🙏🏻」の差し入れ

🍺🍩P2,800

今回の引越し総額P15,000(¥37,000)ってところかな?

 

私はヒヤヒヤ、イライラしたものの、たいして重い思いはしなかたので

安くついたって感じか?

まぁ、その後の部屋のアレンジでは、そこそこ時間がかかり

マジで肩が壊れそうにはなったけど。

👆この安っぽい、サビサビの蛇口も

新しいものに替えてもらい

(シャワールールがカビカビで汚かったので

掃除は大変だったけど)

 

👆温水器は前のところから

外すも取り付けもコンドミのエンジニアにお願いしました。

あっ、、ここでもP200 x2でチップ出費があったんだ、、

 

 

そして、まだだ!まだ終わらんよ!!

(クワトロじゃないけど)

新しく住んでるここの部屋

基本、気に入っているのだけど

今現在解決してない問題は、、

 

1、エアコン口が2つある中

「リビングの方にはしっかり設置して下さい」と言ってたのに

ベッドルームだけ取り付けで、リビングは穴が空きっぱなしで

もちろん、雨が降ったら吹き込むわけですよ!

「早く取り付けて!」と間に入ってるコンダクターにメッセージ入れるも、、

部屋のオーナーが渋ってる様で

「渋るも何も1年分+2か月分 先払いしてるやん!」と言い続け

穴は、やっつけで塞いでくれたものの、、エアコン取り付けはいつになるやら、、

2、扉の取っ手がガタガタ

 

3、覗き穴が、ホントに穴だけ

 (レンズ入ってないので、未だティッシュ丸めて詰めてる)

4、ベランダの扉のドア部品、、故障

 

まぁ、私は独り身になってから、エアコン使ってないので

生活には困ってないから、気長に待つけどね😆

-Manilaの情報, フィリピン文化
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フィリピンの歴史【episode 5】終戦からマルコス政権まで 大統領はどんな人だった?

今回のフィリピンの歴史【episode 5】は、、フィリピンの歴代大統領のお話しで戦後から、マルコス政権まで! 動画です👇 目次1 フィリピンの歴代大統領2 第4代《セルヒオ・オスメニャ》3 《第6代 …

フィリピンで【日本並みのご飯】を喰う!

フィリピンで暮しはじめた頃   日本人として、、 外食で「う~~ん、、😓」と思うのが   ご飯 (お米) でした🍚   今では すっかり慣れて ( 今日は当たり!) とか    ( う~ん、、ハズレ、 …

【バナナ】フィリピン滞在者の救世主!

フィリピンの名物の一つに バナナ がありますね😋 コレも ホント~に ありがたい存在です! 安くて 栄養たっぷり ここフィリピンでは 種類も豊富! 移住前から気になっていたのが 外食時の「 野菜少なっ …

フィリピンの歴史【episode 2】アメリカの植民地へ! &ボニファシオの生涯

 ☝️動画はこちらから 、、ですが ※地名/ ⭕️ヌエバ エシハ ❌ヌエバ エハシ  途中、肝心の ⭕️カティプナン ❌カプティナン  の言い誤りがありました😭ので、、  誤り、、じゃなかった、謝りま …

Taal火山噴火とコーヒー愛

目次1 2020年1月12日(日)2 Tagaytay が大好き3 『Gourmet Farms』4 CIVET Coffee5 「HAZEL NUT Coffee」6 「COCO Sugar」 20 …